決済資金のネッティング

清算参加者は、当社が2商品取引所の取引に係る債務引受を行うことにより、場勘定資金(決済資金)をネッティング(相殺)し、受払いをすることが可能となるため、決済資金の負担が必要最低限度で済むこととなるだけでなく、取引証拠金の預託先も、当社が一手に担うこととなるため、複数取引所において取引を行う清算参加者にあっては、取引証拠金の一元的な預託が可能となるため、事務及び資金効率化が図られることとなります(会社概要の「信頼性と利便性の向上のために」をご参照下さい。)。

ネッティングの仕組み

(従来)
各々の取引所に対して、自己取引・委託取引の各々の区分毎に、益金・損金の受払いを行う必要がありました。
(現在)
当社において、損益金のネッティングを行い、当該結果により清算参加者との間で受払いを行います。
e4_1_01 e4_1_02 e4_1_03
TOP