清算業務の流れ

清算業務フロー図

e3_1

清算業務の流れ

  1. 取引所会員※1が委託者からの取引注文を商品取引所の商品先物市場において執行します。
  2. 取引所会員は、執行した取引について、「自己・委託の別」並びに「新規・仕切の別」を商品取引所に申告します。※2
  3. 各商品取引所は、取引所会員ごとに場勘定(値洗差損益金及び会費等)、受渡証拠金を計算し、当社に通知します。
  4. 取引所会員は、委託者の取引証拠金維持額※3 の総額と所定の区分に応じた委託者の預託必要額の総額を当社に申告します。
  5. 当社は、3.の計算結果に基づく、清算参加者ごとの場勘定のネッティング結果並びに4.の預託必要額の総額の申告及び預入・返戻の申請結果を清算参加者並びに決済銀行に対して通知します。
  6. 清算参加者は、取引の翌営業日正午(「T+1」)までに決済銀行を通じて当社との間で場勘定並びに証拠金の受払いを行います。

※1  ここでいう取引所会員は、「商品先物取引業者である会員(受託会員)」であって、当社の清算参加者である者とします。

※2  注文執行時に「自己・委託の別」並びに「新規・仕切の別」を申告する取引所もあります。

※3  取引証拠金維持額はSPAN®に基づき計算された取引証拠金所要額に受渡証拠金を合算したものをいう。

TOP